あちゃちゃぶろぐ

母子家庭出身・高学歴ママの子育て&日常

【運動編】運動音痴妊婦が体重管理と安産のためにした運動

こんにちは!

 

↓前回の記事では、体重管理の【食事編】を書きました。

achacha-baby.hatenablog.com

 

今回は、体重管理そして安産のために行った運動でやってよかったな〜と思ったものについて紹介します!

 

 

痛いのが嫌で運動しようと決心

f:id:achacha_baby:20210730223324j:plain
 

私の場合、産科から食事内容に関する注意が多かったことから、妊娠中期(5〜7ヶ月くらい)では基本的に食事内容を改善することで、体重を管理していました。

 

しかし、後期になると食事を頑張っていても体重が増えてきたのと、仕事の引き継ぎも落ち着いて暇な時間が増えてきたこともあり(←)、運動も取り入れ始めました!

 

運動は、体重管理はもちろん、安産のためにも役に立ちます。

 

よく、出産はフルマラソンを完走するほどの体力を消耗するといわれるように、とにかく体力を要します。

 

それなのに、妊娠しているから…と動かずに過ごしていたら、どんどん筋肉が落ちてしまい、出産のときに体力切れを起こしてしまうのでは…?と思い始めました。

 

私はかなり運動音痴で、普段から運動不足で体力もなかったので、出産が近づくにつれ、「このままじゃフルマラソンなんぞ走れん!出産やばい!」と気づいたのです。

 

運動しようと思ったきっかけは、暇になったからだけではなかったのです。

 

そして、出産が近づくにつれ「痛い時間が長いのは嫌だ!出来るだけ早く産みたい!」と考えるようになり、運動で体力をつけようと決めました。

 

結果としては、これから紹介していく簡単な体力作りを頑張っていたかいもあってか、運動音痴&運動不足な私でも出産時に体力切れにならずに済みました。

 

ちょっとギリギリ感はありましたけど…。

 

【必ず読んで!】注意点

 

運動については、必ずご担当の医師・助産師さんに相談をして、許可が出てから実施してください。妊婦さんの体の状態によっては、切迫早産を引き起こす可能性もあります。

 

実際に行った運動は?

それでは本題の運動編を書いていきます。

運動音痴さんでも無理なくできるものばかりですよ。

ちなみに実施時間はざっくりです。サボった日もありまくりです。

 

マタニティヨガ(15分/日)

f:id:achacha_baby:20210730223504j:plain

まず一つ目はマタニティヨガです。

 

激しい動きがないのに、ガッツリ筋肉に効いている感じがして、筋肉痛にもなりました。

 

マタニティ専用のヨガは、妊婦の体力作りにはもってこいだと思います。

 

また、ヨガでは呼吸法も教えてくれるものが多いです。

 

ヨガの呼吸法は出産本番でかなり役立ちます

 

陣痛をうまく乗り切るためには呼吸法が大切らしいです。

 

(私は出産本番痛すぎて呼吸法を意識できなかったです後悔!)

 

助産師さんもヨガの呼吸法はオススメだから練習しておいてね〜と言っていました。

 

ヨガスクールに通う方法もありますが、私の場合妊娠期間がコロナ渦だったこともあり、家でYou Tubeを使って実施しました。

 

特に参考にしていた動画を紹介しますね。

 

マタニティヨガ【前半】 ヨガ初心者や体が硬い方にもおすすめ☆ #131 - YouTube

 

【妊娠初期〜臨月までOKの優しいヨガ】マタニティヨガ・ヨガ初心者さんにもおすすめ - YouTube

 

補足ですが、私はヨガマットを持っていなかったので、購入しました。

 

ちなみにこちらのマット、ワンオペお風呂で娘を脱衣所で拭く際に寝かせておくのにも重宝しました^^(笑)

 

 

マタニティビクス(15分/日)

ヨガと合わせてマタニティビクスもYou Tubeを参考にやりました。

 

こちらはヨガと違って、チャキチャキ動くのでまた違った筋肉が鍛えられている感じがしました。

 

カロリー消費している感もありましたし、楽しかったのでストレス発散にもなりました。

 

こちらも動画を紹介します。

妊婦さんと一緒にエクササイズ♡Monday【注意あり・説明欄確認】 - YouTube

 

ストレッチ(15分/日)

f:id:achacha_baby:20210730223559p:plain

続いては、ストレッチです。

妊娠初期に、助産師さんから「股関節は柔らかくしておきなね〜」と言われたのですが、私は絶望的に体が硬く、もちろん股関節もカッチカチだったので、毎日股関節ストレッチをしました。

 

具体的なやり方としては、足の裏を合わせて座り、壁に背を付けて、膝をグーッと押す感じです。

しかし、生まれ持った硬い体は非常に手強く、残念ながら目に見えて柔らかくはならなかったのですが、出産のときに体が硬くて苦労した覚えは一切ないので、やっておいて良かったのだと思われます。

  

ウォーキング・階段昇降(30分/日)

最後にウォーキングです。安産のために歩くのが良いことは有名ではないでしょうか。

助産師さんに1日1時間歩いてね〜と言われていたのですが、お腹が大きい状態で1時間歩くのは正直厳しかったです…。30分くらいでリタイアでした…。

 

私の場合30分くらいが自分の丁度いいラインだと決めていましたが、くれぐれも無理は禁物です。

また、特に出産の日が近づいてきたら、遠くへは行かず、家の周りをぐるぐる周りましょう。そして必ず携帯電話を持って行きましょう。万が一体調を崩したり、陣痛が来たり、破水したときにすぐに連絡を取れるように。

 

ついでに階段を登り降り。体が重かった〜!でもカロリー消費している感が半端なくて気持ちよかったです(笑)

 

ちなみにウォーキングの際は、いつもより大きな歩幅大きく腕を振って歩くのがいいらしいです。

 

以上、体重管理と安産のために行った運動でした。

 

さいごに

f:id:achacha_baby:20210730223729j:plain

お腹が大きくなってくると、体が重くて動くのが億劫になってしまいますよね。私も動けない日がたくさんありました…。ですが、医師の許可が降りている方は運動を日課にすることをおすすめします!

 

出産はもちろん、出産後の育児も相当体力が要ります

妊娠中に筋肉たちがどこかへ行ってしまわないようにしておくと、後が楽です。

 

最初にも書きましたが、運動する際は必ず医師・助産師に相談をしてくださいね。

 

頑張っている妊婦さんの参考になれば、うれしいです。