あちゃちゃぶろぐ

母子家庭出身・高学歴ママの子育て&日常

【食事編】痩せ型なのに食欲爆発!妊娠中期の体重管理について

こんにちは。

 

つわりが終わってせっかく食べられるようになったと思ったら、次に悩んだのが体重増加

 

妊娠中の食欲ってエゲツなくないですか?

 

見たこともない数字をどんどん叩き出す体重計。

 

「今日こそ壊れてる!?」と何度思ったことか。

 

今回は私が実際に体験した食欲の変化と、体重の管理方法について具体的に書いていきます

 

妊娠中期で1ヶ月に3キロも増え、怒られてしまった私ですが、最終的に11キロ増で留めております。

 

 

つわりが終わって食欲爆発

f:id:achacha_baby:20210729152713p:plain

12週(3ヶ月)あたりでつわりが終わり、4ヶ月に入った頃からは食欲が元に戻っていました。

 

特に朝は調子が良く、「気持ち悪くないって最高!食べるぞ〜!」と意気込み、毎日甘いシリアルをモリモリモリモリ食べたり、ごはんもおかわりするような生活を送っていました。

 

すると、1ヶ月で3キロ増

 

増えてるな〜とは思いましたが、「10〜12キロは増やしてね」と助産師さんに言われていたし、つわりで4キロ減ったので、まだまだ大丈夫♪と呑気に構えていました。

 

ところが、5ヶ月の検診で厳重注意

 

割と厳しい産院だったので、食事内容を記録させられていて、こっぴどく叱られました…。

 

具体的に何がダメでどう改善したのか書いていきます。

 

特に気を付けなければいけないものは?

f:id:achacha_baby:20210729152934j:plain

まず、シリアル

 

毎朝食べていたのですが、これは絶対に辞めてくださいと言われました。

 

グラノーラも健康に良さそうに見えて、実は糖質が多く太りやすいとのことで禁止令が出ました。

 

次に、白い炭水化物

 

お米もそうですが、特にパンです。

 

これらも糖質が多いので、お米だったらおかわりは控えて、パンはなるべく食べないように、と言われました。

 

つわりが終わってからお米が美味しくて、必ずおかわりしていたのに…。

 

悲しかったです。

 

次に、間食。これは当たり前ですかね^^;

 

毎日ではなかったですが、お菓子を食べていたので、もちろんこれは禁止。

 

妊娠中、無性に食べたくなったんですよね…。

 

最後に、ココア

 

妊娠前は、仕事中カフェオレを飲む習慣があったのですが、妊娠してからは甘いものが飲みたくなり、毎日ココアを飲んでいました。

 

助産師さんに、「やっぱり!体重増加が激しい妊婦さんはココア飲みがち!」と言われて、くぅ…となったのを覚えています。

 

純ココアならいいよ、と言われましたが、私にとっては甘くないと意味なかったので、飲みませんでした。

 

どんな食生活に変えた?

f:id:achacha_baby:20210729153040j:plain

まず、朝食はシリアルではなく、納豆ご飯&卵焼きにしました。

 

納豆は栄養豊富で、妊娠中には特におすすめの食品だそうです。

 

最近、妊娠中に納豆などから大豆イソフラボンを摂取していると、子の多動問題や仲間関係問題のリスクが低下する、という研究結果も出ましたね。

 

ちなみに、私おすすめの食べ方は、「チュープのきざみ青じそを混ぜる」です。

 

さっぱりしてて、妊娠中にハマりました〜。

 

また、どうしても量を食べたいのなら、主食ではなくおかずを増やしなさいと言われたので、卵焼きもセットにしていました。

 

そして、ごはんは白米から雑穀米にして、量もお茶碗8分目くらいに減らしました。

 

もっと食べたかった。お米を減らすのが一番辛かったかもしれません。

 

間食については、ゼロにするというのは精神的にしんどかったので、色々調べておからクッキーにたどり着きました。

 

ダイエットクッキーとして有名ですよね。

 

助産師さんに相談し、数枚ならいい、とのことだったので、すぐにネットで注文しました。

 

実際の商品はこちら↓

 

 

900g消費できるか心配でしたが、袋が4つに分かれていたのでちまちま食べていても消費できました。

 

普通のクッキーに比べると、かなり硬い感じはしますが、飲み物を一緒に飲むとさほど気にならなかったです。

 

なんならハード系の食べ物が好きだったので、普通のクッキーより好きでした!

 

味も『プレーン』『抹茶』『ココア』『コーヒー』『黒ごま』の5種類あり、飽きずに楽しめます!

 

硬くて食べごたえがあるので、少量で満足できる点もgoodです。

 

また、おからパウダーでおから蒸しパンを作って食べていました。

 

電子レンジで超簡単!美味しい!ヘルシー!でとてもオススメですよ。

 

検索するとレシピが出てくるので、ぜひ♪

 

あとは素焼きアーモンド

 

アーモンドには葉酸や、妊娠継続に役立つビタミンE便秘改善に役立つ食物繊維などが含まれています。

 

初めはスーパーで買っていたのですが、少量で高額なので、ネットで大袋を買い、1日10粒ほど食べていました。

 

素焼きなんて美味しいの?と思いましたが、良く噛んで食べると甘みがあり、意外においしくてお腹も膨れます!出産後もストックしてちょこちょこ食べていますよ。

 

 

最後に、ココア替わりの飲み物については、ノンカフェインティーを飲むことにしまいした。

 

正直ココアほどは甘くないので物足りない感は否めませんが、しっかり美味しいし、カロリーは低いし、体も温まり、良かったですよ。

 

頑張った結果は…

1ヶ月後の次の検診での結果は…体重増加はなんと0.5キロ

 

助産師さんにも、頑張ったね、安産のためにこれからも頑張ろうね、とお褒めの言葉をいただきました。

 

ただ、さすがにちょっと頑張りすぎて、ストレスが溜まりました。

 

それからは1ヶ月1キロ増を目標に、ごはんを8分目ではなく普通に1杯にしたり、週に一回は低糖質パンを食べたりしました。

 

それでも体重が激増することはなく、理想的な増え方をしてくれていました。

 

結果的に、出産時には+11キロでした。

 

どうすれば上手に食欲と付き合える?

f:id:achacha_baby:20210729153233p:plain

正直、1ヶ月で0.5キロ増の月は食欲と戦うのが本当に辛かったです。

 

妊娠前は少食だった私でもここまで食欲が爆発するということは、体が求めているってことですよね。

 

ただ、その異常な食欲に任せ食べたいものを食べていたら、20キロくらい体重が増え、赤ちゃんも大きくなり、安産出来ていなかったかもしれません。

 

また、産後に体重を戻すのも苦労すると思います。

 

実際に頑張ってみて思ったのは、「極端に量を減らすのではなく、別のものに変えてみる」のが良いのでは?ということです。

 

この記事で紹介したもので例えると、

  • 白米の量をお茶碗半分にするのではなく、雑穀米に変更する
  • パンは禁止ではなく、低糖質パンに変更する
  • おやつも禁止ではなく、おから蒸しパンを作ってみる

などです。

 

妊娠中はストレスが溜まるものです。

 

食べることくらい楽しみとして残しておきたいですよね。

 

以上、私の体重管理食事編でした!

 

お役に立てればうれしいです。